fc2ブログ
仮想通貨口座 (取引所) 開設したので、次はウォレットを作ります。

取引所を銀行に例えると、ウォレットは財布。支払いに使用したりします。
初心者なのでひとまずこのくらいの認識で。。


メタマスク (Meta mask) というのがあるので、そちらを作ります。
(TwitFi やNFT売買等に使います)
>> ツイートするだけで稼げる TwitFi とは


【お金の流れ】
銀行口座から仮想通貨取引所 (口座) に入金
→ 取引所 (ビットフライヤー等) で仮想通貨を購入 (ビットコイン、イーサリアム等)
→ 取引所で買った仮想通貨をメタマスク (ウォレット)へ
→ ウォレットからTWitFi へ (NFT購入)



では実際にメタマスクのアカウントをつくります。

パスワードなどのアプリ登録情報はリアルのメモ帳などに書き記しておくと後で忘れちゃった等のトラブル防止になりますよー
スマホやPCに入れておくのはセキュリティ的にNGです。(お金を扱うので扱いは慎重に)



1.Appストア、Googleストアからインストール。
完了したらアプリを起動して、登録開始します。

余談ですが、
アプリ立ち上げてから起動完了するまでちょっと時間かかりました、、、 (数分)
(スマホのスペックと回線による)


2.同意事項がありますが、「I Agree」「同意します」という意味です。

そして、アプリ起動のときとおなじく、チェック入れるときも反応が遅い・・・
「そういうこともある」って事で書いておきます。(恐らく環境のせい)


3.同意すると、次はパスワードの作成画面になります。
(ここも反応が遅いかもしれないです。少なくともうちのスマホでは)

ちなみにパスワードは『このスマホ』専用です。
PCや他のスマホでは別のパスを作らされます。セキュリティしっかりしてますねー


4.秘密のリカバリーフレーズ というのを作成します。
これは1~12の番号が振られてある英単語で、とても重要なモノです。

正しい順序で並べるよう求められますので、パスワードと共に紙に書き記しておきましょう。


5.書き留めたら『続行』をタップ。


6.リカバリーフレーズを順番に入力します。
正しく完了すると『バックアップを完了』のボタンが出てくるのでタップして次に進みます。


7.作業完了!
「おめでとうございます」という画面がでます。

「ヒントを残しますか」とあるけど無視してよさそうです。
(復元のヒントを入力する画面になりますが、単にメモ帳の置き場所を書き残すだけみたい)

ヒント作成画面から戻るときも反応が遅かったけど、「✕」や「キャンセル」をタップして少し待てば「おめでとう」の画面に戻ります。


以上、スマホでのメタマスク作成方法でした。
次回は>>PCでのメタマスクの作り方です。
(こちらの方が簡単なので、先にこっちをするべきでした。。)

豆知識ですが、
メタマスク関連の作業をするときは、
メタマスクのブラウザからURLを開いて使います。


必要ない方は >>ネットバンクの口座開設 に進んでください。おつかれさまでした^^


ちなみにメタマスクへの入金方法は >>こちら
スポンサーサイト



Secret